フォトアルバム

お気に入りの器

  • 965e6d53702c4711b7689e25d0887200
    土物が大好き。どんなお料理を盛りつけましょうか?
Powered by Six Apart

旅行・おでかけ Feed

2017年11月14日 (火曜日)

你好吗?

実はーーー
昨日から旅人のはずだったんだね
旅って言っても台湾だけど

行きたい所の下調べもバッチリ
色々ネットで予約できるのもチェク済み
台湾語も必要最低限暗記!
ただし、会話に関しては こちらから台湾語で質問出来たとしても 答えが 理解できない可能性高いから あんまり意味ないかも(^^;)
喋ってみたいってだけね!笑うぅー

で、準備万端!
後は出発の日を待つのみ!

の6日前にキャンセル!
に、なったんだね。

どおしてか?

うん、一緒に行く友だちのお父様が急病 快復する事なく10日にお亡くなりに…,悲しい出来事が起きたんだね。

旅行中でなくて本当に良かった。

直前にキャンセルって…
こんな事あるんだね。

だけどね、1ヶ月くらい ネットで色々調べたでしょう、ストリートビューもいっぱいみたのね、だからかな 台湾へ行って帰ってきた気分なんだね。わたし!

だけど、だけど、
近いうちにリベンジするよ(^。^)

諦めがつくのは
この三日間の台北の天気!
雨、雨、雨、だからね
うしっしっ!でしょ。

私、雨女じゃわ!
やっぱり (涙

2017年11月12日 (日曜日)

研修旅行

昨日は 日帰りの研修旅行
雨女なのですが 晴れました^ ^
バスの中は豪華景品争奪戦のビンゴで盛り上がる。朝からビール🍺もこの日ばかりは許される
嬉しい日。
萩までの長〜い道のりも あっという間

ちなみにビンゴ、私は外れ!

萩市に入って 最初の観光は こちら
「萩・明倫学舎」
2014年の卒業式まで使われていた 藩校跡に建つ日本最大の木造校舎を見学です。
旧明倫小学校です。

館内 無料ガイドしてくださいます。
小川コレクションからなる展示物も見応えあります。中でもこちら

毛利家の殿様が遊んでいた亀のゼンマイ仕掛けの玩具。「なんでも鑑定団」で200万円と鑑定されたらしい。

長州ファイブと記念写真のコーナーなんかもあったりして 1時間じゃ 足りない施設でした。
お次は 萩観光ホテルで会食です。

山口!そうです!
ふぐをいただきました🐡
ふたすくいほどで 無くなりましたが…

食後は ホテルのマイクロバスで ホテルから直ぐの笠山頂上へ!笠山は死火山で 噴火口の見学も出来ます。

階段をかなり降りていかなければなりません、
階段見て諦めた人います。

展望台から日本海を眺める。
ここ、麓は椿が有名です、2月には椿祭りが開催され それはそれは 見事な椿の原生林が楽しめます。随分昔 訪れたことあります。
確か 旦那さんと…

雨女なのに晴れて良かったわ

次は定番!松陰神社です
こちらもガイドさんに案内してもらいました。
途中 お腹が痛くなってトイレに行き ほとんど話しを聞けなかったのは私です。

これで後は蒲鉾屋さんへ寄って 帰りました。
やっぱり日本海までは遠いね。

でも、皆さん元気!
帰りもビンゴで盛り上がる。
今度はビンゴ🎯
お菓子もらいました(^。^)

お土産の光圀の夏みかん丸漬けとマーマレードも買えたし。楽しい一日でした。

皆さん また1年 頑張りましょう!

2017年7月23日 (日曜日)

五百円

ピッカピカの500円玉に遭遇!
今年の製造だもんね
これを
チャッリ〜ン

五百円貯金箱に入れるのだ!
今年初めから はじめて 今 これくらいね
いっぱいになると30万円なんだけど
今 どれくらいかなぁ?

楽しみだね
11月のイベント用に まだまだ 頑張って貯めるよ

近頃はカードに現金をチャージして支払う事が多いからお釣りをもらうことが減ってるんだね。お釣りをもらう時も 五百円玉でもらえるように 考えながら現金を出すから 頭も使えして
ええね。 たまに 間違えて 笑われてしまうけど…

2017年2月12日 (日曜日)

神明さん

どぉーん!
どおだ!
三原神明大達磨じゃ

雪もちらつく寒さの中のお祭りです
寒くないと神明さんじゃない!とも言えます

まぁどうでも この人出
前の人に付いて歩くしかないです
どっから やって来たか?

この写真の ずーーーーっと向こうに この大達磨がおりますが 見えんね(・_・;

とりあえず端から端まで 歩いて見ました
毎年の事です

途中 共楽堂の酒饅頭を買い 食べて
酔心の濁り酒を買って飲み
出雲蕎麦を食べて
石川製菓のたい焼きも買い 食べる

忘れちゃいけない
これまた毎年恒例の 達磨くじを引く
一つ¥100
今年は 酔心のワンカップが当たりました
これ一つ¥200で販売してたから 元は取ったな
あと、えんぴつセット✏️可愛い!

日赤のそばに設置されてる ここに去年の達磨を持ってくると ちゃんと供養してくれます。
朝 左目に目を入れて ありがとうございましたと手をわせて 持って来たもんね。
で、今年の達磨を買いました。

もう、歩くのも困難になって来たので 私らは 昼前に退散!尾道へ行きます。
深から降りてくる道は太郎谷下辺りから 2号線まで 大渋滞になってました。なので 私らはその逆、深を回って尾道へ向かいました。

正解!

2017年1月22日 (日曜日)

¥300の旅に

こんな講座に参加して来ました。
台湾のおやつ作りもするって聞いてたから
ワクワクなのね〜

これに おやつ代として¥200 プラス(^.^)です。

講師は日本の男性と結婚され 日本で英語を教えておられる台湾の女性。今日は旦那様もお子様2人もお手伝いで参加してました。

パワーポイントを使って楽しくおしゃべりしながら 台湾全土を旅しました。
なるほど ガイドブックには 無いな!と思えるところを メモメモしながら 次に行ける時を思い描きながらの 楽しい時間でした。

パイナップルケーキとマンゴーケーキ、これは既製品ね。ジャスミンティでいただいた後は 先生手作りの大根餅が登場!

形が不揃いなのは 旦那さんが切ったからかな?!

フライパンでこんがり焼いていただきました。

これ、私好みの味(*'▽'*)
作り方も簡単みたいだから 家で作ることに

問題はこの粉ね!

仕方ない!やっぱり 台湾へ行かねば!

と、確信した私なのでしたψ(`∇´)ψ

いきたーーーい!

2017年1月 9日 (月曜日)

なつかし

今日は学生時代の友人たちと柳井で集合して
楽しい懐かしい時間を過ごしました。

まぁ、新年の恒例行事なんですけどね

毎度 おんなじ話が出て来て大笑いだけど
楽しいんだわこれが!

戻りたくても戻れない あの時代

1番 記憶が残ってないのが私なんだけど
皆んなよく覚えてるなぁと毎度驚くわ!

お昼は「さくら亭」

美味しく頂いた後は 同じ敷地内にある 矛両庵で 記念写真。

楽しい時間は あっという間に終わってしまうね。

2017年1月 5日 (木曜日)

願い玉

しゃべくり隊の 毎年恒例と言えば
尾道「 烏須井神社」 の「願い玉」
お礼参りで 昨年のをお返しして 新しい「願い玉」を買う。
ところが 今年は なんと!なんと!売り切れ!
1個も無い!全然 無い!何にも無い!(しつこい…

悲しい…


仕方がないので 気を取り直して 鮨と魚料理の保広で ちょっとリッチなランチしました。
その後 しゃべくり隊はしゃべくるために からさわで「くりーむぜんざい」で盛り上がる。

抹茶クリームも出来てました。

にぎり佛

しゃべくり隊、初活動!
尾道は持光寺で「にぎり佛」を作りました。

あれこれ こだわってたら ダメなんね
願いを込めながらぎゅって握って ささっと仕上げる。

裏側に「尾道」と「持光寺」の印を押して
名前と日付を入れたら 出来上がり、私 「持光寺」の印を逆さまに押してしまった…(°▽°)
なんか やらかすよね´д` ;

住職と記念写真

一体¥1500 送料¥400
素焼きして 送ってくれます。
楽しみです。

2016年12月 6日 (火曜日)

台湾その18 最終編

小林先生の原画展のニュースが出ておりました。なんだか嬉しい(*^^*)

さてさて いよいよ 台湾その旅も終わりです。
長々とつらつらと ようここまで 書き綴りましたわ。ここまでお付き合いしてくださった トトロンファンの80000人の皆様 ありがとうございました。

さて、最後の出来事です。

今回の台湾色々の中で もう最高に驚いたこと、もうこの事で全てが一瞬 吹っ飛びそうになりそうな出来事がありました。

帰りの飛行機がジャンボ機

しかも私の席はファーストクラス(*⁰▿⁰*)

頼んでもいないのに???

機内入り口で チケットを見せると
「そちらの階段からお二階へおあがりください…」って!?

え?
2階?

なんでなんで!
二階って…

もしかして 私を台湾女優と勘違いしたのでしょうか?(妄想好きです)

ドッキリカメラか?!キョロキョロ!疑う私

会社からのサプライズ?♪( ´▽`)♪( ´▽`)


まぁ、どれもあり得ませんが

まれに 席の調整で このような事があるらしいのです。間違いでも無さそうだし 人生最初で最後であろう ファーストクラスを楽しませてもらいました(*^^*)

ただし 席はファーストクラスですが 他のサービスはエコノミーのまんまでございました。

ウエルカムシャンパンが出て来るかも…豪華 ナイフとフォークのお料理が出て来るかも…なんて期待した私です。 お恥ずかしい…

おててが 届きません、肘掛の下にコントローラーが収納されてます。

窓までのこのスペース
なんて贅沢なんでしょう

ふかふかのブランケットと フラットになるお席で ぐっすり休みながら帰って来ましたとさ。

わずか2時間が 悲しいね。



この ゆったり感!
お金持ちになった気分です。

エコノミーの機内食 魚の方

お土産、ロクシタンのハンドクリーム 8本入り
免税店 エバーリッチより

飴、真ん中の お高いですが 美味しかった。

娘からのリクエスト、イブサンローランのティントインオイル(*^^*)

元の小銭を使い果たすために買った梅干し

台湾その最終です。
お付き合い ありがとうございました(^o^)/

台湾その17 林本源園邸から府中駅

地下鉄府中駅へ戻るまでに 色々あったもの
市場

黒美人魚 の店
なんじゃ?それは…

出た!ニワトリ

鶏好きですが しばらくは 遠慮します

台湾の風景の中で ひときわ目を引いた 可愛いやつ 思わず パシャり!

なんじゃ?これは。
何の自動販売機?

駅近く、パン屋さんがあちこちあります。
中でも気になる こちら「野村の道」
店先はパンの焼ける良い匂いです。

店内へ

考えた!スーツケースには まだスペースあるし
夜には家に着くわけだし うん!買って帰ろう。

気になるパンはいっぱいありましたが この2つをチョイス。

レジへ持っていくと 私が日本語なのに お姉さんアタフタ いえいえ こちらこそアタフタですから お互い様でシェイシェイ!です。

スライスしますか?と聞かれてるのに気付いたのは お姉さんが パン切りナイフを取り出したから。

ここのパン 帰ってから食べましたが ほんと美味しかった。小麦と酵母の優しいあったかい味。
褒めすぎではありません、三原にあれば通います。

ホテルについて チェックアウトまで後少し
荷物の整理をしたら 空きスペースがまだありました。大は小で でかいやつ持ってきましたからね。スペース埋めるためにコンビニで ヘンテコなカップ麺買いました。
台湾もレジ袋は有料です。1元 払います。

荷造りも済んで チェックアウトして ピックアップまでの時間は ホテル向かいにあるモスバーガーへ 。ここへ来た時から気になっていたモスバーガー。台湾限定をいただいて帰ります。
ちっ!品切れじゃん!
せめてもとドリンクは柚子紅茶。

2泊お世話になった「六福客桟」(レオフーホテル)です。建物は古そうですが お部屋は綺麗です。日本語も大丈夫、コンビニとちっさなパン屋さんもあります。
ただ、朝食のバイキングが残念賞かな

さてさて これより桃園空港へ向かいます

台湾その17終わり

18へ続く

台湾その16 林本源園邸後編

こじんまりと お土産品や資料が売られています。実は ここに来たかったのでネットでいろいろ調べて 中でも見たい所を印刷して持って来てました。だけど あまりにも修復箇所が多くてどこに何があるのかわからなくなりました。

ここは聞くのが一番!
言葉もわからないのに…です。

資料を見せて ここはどこ?と 聞いて見た

気持ちよく対応してくださったのは この方、ロン毛のお姉さん。

直ぐに理解できたようで 一生懸命 説明してくださるのですが 何を言ってるのか全然わからないのです。どうやら 今は見ることが出来ない と言っているような…

諦めモードの私が かわいそうに思えたのでしょうか 突然、ついておいで!って(たぶん…)手招きしながら 内緒よ!のポーズしながら ズンズン歩いて行き始めました。
なんだなんだ!とついていくと立ち入り禁止の看板をヒョイとのけてさらに奥へズンズンと…

で、「あれ→」と お姉さんの指差す方向を見た
??
工事現場だよー?

不思議そうにしてたら 何やら説明してくれて
私も一生懸命 聞き取ろうと必死!まぁどんだけ必死になっても 言葉は分かりません

でも、でも、分かりました。言ってることが分かりました。 工事現場の向こうの隅っこの あれだよ!って。

金網の向こう ズームしていくと
あった!

わかりにくいと思いますが 写真中央の黒い金具です。私が1番見たかったもの。
「福の中に在る人は福を知らず」の飾り窓です。あったよー!見れたよー!
遠いけど…

お姉さん、どうもありがとう(^o^)
お礼にお土産買います。


写真の撮り方下手くそです、
入り口の丸が向こうの入り口と綺麗に重なるように撮ればよかった、そして 入り口の扉は開いてて欲しかった。

写真の順番が時系列になってません。
撮りすぎてどれをアップしたら良いか わからなくなって来てる、雰囲気だけ味わってください。本当はここは家屋が もっと凄いのです。

人や修復中の所は避けて撮ってますが 帰りの頃は団体客も入って来てて 通路は大変混雑してしてました。

出口です。入り口とおんなじですが。

ここは、ガイド付きで 見て見たい。もう一回訪れたいと思いました。
誰か私を連れて来てちょうだい。

心なしか 歪んだ塀沿いに 歩いて府中駅へ戻ります。

台湾その16終わり

その17へ続く

台湾その15 林本源園邸前編

こちら林本源園邸(リンベンユエンユエンディ)http://www.tabitabi-taipei.com/html/data/10496.htmlは 貼り付けのサイトから見ていただけるとよくわかります。長すぎて説明出来ん 私…(・_・;

とにかくお庭が素敵です。ここで普通に生活していたと想像してごらんなさい ええでしょう。

現在は家屋は と言っても 1つや2つではありませんよ。ほとんどが修復中で見学が出来ませんんでした、知らんかった…,(T . T)
でも、 お庭だけでも すんばらしいのです。

入り口で日本語のパンフレットもらって入ります。もう、いきなりテンション上がってくる通路でしょ、当時ではとても高価なクスノキ 植えてあります。

左に曲がって ここをくぐって進むと

1つ目の空かし窓
こちらのお庭にはあちこち 施されており
それぞれに意味があります

これは空かし窓の中でも代表作かな ペンダントやコースターとなって販売されてます。

この根っこの張り具合も 素敵すぎる

映像で説明見られます

この岩 実は珊瑚の一種なんです。
海外から運んで来てるんですね。
トンネルは今は 通れません。

雨で傘を差して歩きますが 通路は意外と狭いので 観光客が多いと ここは大変だと思います。
売店があったので ちょいと入って見ます

台湾その15終わり

その16へ続く

台湾その14 地下鉄で

少々 アップに疲れてきましたが 一年後 2年後に これを見て 思い出に浸る為には がんばらんとね。わたしの老後の楽しみですから このブログは!

読んでくださってる トトロンファンの5万人の皆様、もう少しお付き合い下さい、最後に最高の出来事もございますので♪( ´θ`)ノ

さてさて こちらはホテル近くの地下鉄の入り口です。初!地下鉄で移動してみます。

この日は日本に帰る日です。
ピックアップの1時までに 新北市にある「林本源園邸」へ行って見ることにしました。地下鉄 府中駅から1キロの所にあります。タクシーもピンポイントで連れてってくれるから 楽チンですが 地下鉄だと 早くて安くて 時間が読める!

荷物も無くて 少々なら歩いてもいいやって思うなら 断然地下鉄がいい!

これ自動販売機 行き先見て金額がわかると その数字をポチッとして その下 枚数をポチッとしたら おっけいです。日本語表記にも変えられます。多分迷うことないと思う。

そしたら こんなん出てきます「トークン」切符です。これを改札でタッチさせて 入り 出るときは 投入口へ入れると 出られます。

地下鉄の路線は最終の駅で路線を確認すれば 色分けになっているので 降りるとこさえ間違えなければ 多分 大丈夫です。

ややこしいのは ホームじゃね。色分けにはなってるけど ちょっとウロウロしました(・_・;

ホームです。完璧、線路に落ちる心配なし

これが開いて 電車に乗り込みます。

府中駅に降りたら 雨(T . T)
でも大丈夫、しばらくは こんな道です、途中 商店の間に突然 きらびやかな「慈恵宮」廟が現れます。台湾の人々はお祈りを大切にされてますね。写真無し。

台湾あるある、ここは歩道です。バイク大切ね。歩きにくいったらありゃしない(・_・;

車道にもバイク 溢れてます

美味しそうな匂いが…
いや、先を急ぐので 見るだけ

着きました。
どうやら1番乗りらしい
オープンと同時に入園です。
こちら 無料です。

わくわく!

台湾その14終わり

15に続く

台湾その13 夕ご飯

ホテルまで帰ってきました。

今夜は 「饒河街観光夜市」へ行くつもりでしたが さすがに歩き過ぎた感たっぷりで 足も痛いので 晩御飯は 近くで見つけることにしました。

第一候補!ホテル近くの「辛殿麻辣鍋」http://www.xindianpot.com.tw/火鍋で有名なところ。ネットで検索してたら たまたま近く!でも、行ってみたら 待ち人多し!やはり予約は必須の店よのう。時間はたっぷりありますが 待ちたく無い。残念!諦めます。

で、近くをウロウロ 一周 決まらず。

もう遠くへ行きたく無いし

二周目 、ここに決まり!

メニュー
全部漢字(・_・;
当たり前ですが…

半筋半肉麺ってやつ。160元 560円くらい。
ここの 昨日食べたやつとは 比べ物にならないくらい 美味しい。とろっとろの筋肉 も 風味のある麺も 美味しかったです。

台湾ビールも もちろんいただきます。

何と!厨房は店先です。

「ハオツー」を連発の私。
おばちゃん 嬉しそうに笑ってたけど
それしか 言えないの 実は…

店内見回すと 雑誌に掲載された様子が貼られてた。評判なんだ ここ。ラッキー^_^

で、お店を出ると、入る時気づかなかったけど 隣は小洒落たお茶屋さん。若い人が 結構並んでます。 「打茶舗」帰って検索したらFacebookありました。「いいね」しとこ!

看板見たら素通り出来なくて 「梅紅茶」てのを頼んでみました。

梅紅茶、氷の量と甘みのレベルを聞かれます。
ここは 綺麗で大丈夫そうだけど 念のため 氷なしの 甘みも無しでオーダー。値段 忘れた。

しばらくすると ちっこいプラスチックのコップを持って 中からお兄さんが出てきて 私にコップを差し出し 何やらよーります。

私…??
他の人には そんなことしてないのに いきなり 突き出されたから 私のオーダーしたものは こんなちっこいやつだったのかと 愕然(オーバーですが)と 目をまん丸にして お兄さんを見つめたら 何やらテイスティング…と…ニコニコしながら 私を見てる。
どうやら試せと言っている様子。ならばと すすってみたら あらまぁー!美味しい!
まさに梅干しの紅茶!そのまんまですが…

台湾の飲み物にはペットボトルでも やたら甘味料が入ってます。烏龍茶でも 無糖って書いてるくらいだから 糖分が入ってるのは普通なんでしょうね。そこへ私が甘みを無し!なんて言うもんだから 本当に大丈夫かと 気遣ってくれてようです。

すっきりとした口当たりで ホテルに着くまでに 飲みきってしまいました。

他にも気になる 飲み物満載のお茶さんでした。

梅紅茶を飲みながら ホテルに向かってると
何やら行列が、
映画館の前です。

映画「君の名は」これを見るための行列でした。

台湾でもすごいんですね
そーとー並んでます

ちなみに私はまだ見ていません(・_・;

さて、ホテルに帰って コンビニでアサヒスーパードライ買って 部屋で飲み直しじゃ!

疲れを取るのはこれに限るのです。
ほほほほ…


台湾その13

14へ続く

2016年12月 4日 (日曜日)

台湾その12 宮原眼科

名残惜しく 廬山温泉を後にして

霧社事件 いわゆる抗日反乱事件で襲撃の場となった「霧社公学校」今は「台湾電力公司」という会社になってます。

当時のまま残る校舎に行って見ました。

襲撃のその日は みんなが楽しみにしていた運動会の日。君が代を歌い 日の丸が掲揚されたその時 事件は起こりました。漢人以外、 日本人、子供も女子も含め134人が首をはねられ殺されました。

ここに そびえる木々は その惨劇を知ってるはず

私の足元も そう

残念ながら タクシーで スマホを充電中、写真無し。

あと、日本人墓地があった所
ここも 場所見つからず…(T-T)

課題を残して 台中へ戻ります。

高速を走る タクシーからの景色

地震国 台湾を目の当たりにする景色です。
この地層は凄すぎる、怖い!

台中まで帰ってきました。8時間の約束の時間まで まだ余裕があったので 在来線の台中駅 近くにある「宮原眼科」http://www.taipeinavi.com/food/751/へ行ってもらいました。
かつて統治時代の眼科を リノベーションして 今は素敵なカフェとなってます。
一階ではチョコレートやパイナップルケーキなどスイーツショップ。アイスクリームは 連日 長蛇の列(・_・;

パイナップルケーキコーナー

持ち帰り用アイスクリーム

マンゴーアップル 買いました。
パイナップルケーキを買うのに対応してくれたお姉さんが 時間が無いと言ったら 裏からアイスクリーム手配してくれました、嬉しい!

これこれ、毛毛さんも いつも大勢並んでて 食べたことないって言ったので 少しずつ 分けて食べました。

本当は二階のカフェで 楽しみたかった私です。

どこまでも続くアイスクリームへの列。

ゆっくり見学して見たかった 場所です
アイス食べながら 新幹線台北駅へ^_^

チケットは毛毛さんが 自販機での買い方を教えてくれました。疲れたので 1時間待って指定席で帰ることに。

スタバのカップ

時間まで スタバでコーヒー。
台湾限定 スタバのカップが欲しいと 娘からラインが!
ですが、高いので買いません。

撮りそこなった新幹線
日本の新幹線、何だか安心です。
台北まで1時間

疲れたぁー

お土産に買った宮原眼科のパイナップルケーキ。
3000元以上買うと ひとつプレゼント(白いリボン)🎁嬉しい! 可愛い箱はクリスマスバージョン。テンション上がります。

プレゼントしてくれた 中身は クッキー。
これまた 美味しい!
そうそう、宮原眼科のパイナップルケーキは今年の台湾ナビのランキングで1位になりました。

確かに、生地のミルク風味がなんとも 美味しい
パイナップルケーキでした。

諦めていた 場所へ行けて お土産もゲット!
満足満足!

台湾その12終わり

13へつづく

台湾その11 霧社 後編

霧社の町から 谷へ下ります。

この吊橋の向こうが廬山温泉です。
2009年の豪雨により ホテルや家屋が流され かなりの被害を受けたようですが 温泉街の風情を、取り戻し 観光客も訪れています。
泉質も良いと評判らしいのですが どうやら日本と違って水着を着用しないと入れないようです。お土産やさんには水着も売られていました。

下を見たくない位 高さあります、揺れます。

向こうに小さく見える黄色い車がチャータしたタクシー。運転手さんも ここは初めてのようで散歩してました。

温泉がどんな風になってるのか 通りからは 感じることが出来ません。ここは わりとひっそりとしてます。

この看板を頼りに これより モーナルダオの墓を目指すのだ!!覚悟!

ここ通っていいとこか?

おおー!階段!

さらに 階段!
先が見えず…

山道 くねくね

この先 どうなってるのか?
だんだん不安になってくる

ヤブ蚊と雑草に阻まれ 断念することに!

地図 あっとんか?

無駄足だと思いたくないけど
何も無さげ…

降りるの楽ではありません…
悲しい…

こけんんように 滑らないように
引き返しました。

やっとのこさ 降りてきて お土産屋のおばちゃんに指差しで 地図を確認してもらい 違う道を進むことに。
かつての日本家屋がそのまんま残されている所へやってきた。

こんなのも 突然現れ ビビる!

なんだか この辺りのようなんだけど ようわからんの

歩きすぎて 少々弱気

もう この辺で いいかなぁ
何となく雰囲気は感じられたし
とりあえず来ることが出来たわけだし…

次に行きたい所もあるので
墓は確認出来ずに去ることにしました。

で、
帰国してグーグル見て愕然!
最初の道を後50メートル行けば お墓だった。

じゃけど 草ぼうぼうで あれ以上進むことは無理!

そして、
後戻りした道を そのまんま進んで行っても たどり着けたようで、冷静に地図を よーく見れば良かったと 反省です。
ある程度リサーチはして行きましたが 残念なことととなりました。

そしてさらに 驚いたのが この廬山温泉は 集中豪雨による土石流などで今後も危険だと言うことで 移転が決まっているようです。

なくなってしまうの?この?

全てを回りきれなかったのでリベンジしたいと、次は宿泊して温泉に浸かりたいと♨️思ったけど 早く計画しないと かなわなくなりそうです。

セデックバレに興味を持たれた方!
急げ!

台湾その11終わり

12へ続く

2016年12月 3日 (土曜日)

台湾その10 霧社 中編

霧社の町です。普通に全てのものが揃っていて 普通に生活しています。
ここからさらに山間部へ上がると「 清境農場」があり休日にはたくさんの人が訪れるようです。だからか 道中 車や観光バスに随分すれ違いました。バイクも普通に走ってます。
かなりの坂道なのにね。凄いと思います。

徳龍宮です。日本統治時代に 「霧ケ丘社」と呼ばれていた神社の跡地らしい。戦後は遺棄され拝殿と本殿は廟に変わりましたが 赤く塗られた鳥居と黄色く塗られた石灯篭が残っています。
その石灯篭を見つけられなかった…

この石段に殺された日本人の遺体が並べられていたそうです。

鳥居をくぐって上がると こんな感じ 廟ですね、日本の神社とは雰囲気違います。

湖が見えます。たしか 人工湖。

この山々で惨劇が繰り広げられ日本軍に追い詰められ死んでいった原住民。
彼らの死とは 先祖や亡くなった父、母の元へ行けるということ。

戦いがあった所とは思えません。

ここは モーナルダオ抗日記念公園。
樹々に覆われ鬱蒼としていますが
包み込むように 守られているような気持ちになります。

モーナルダオ像
日本時代は反逆者
国民党時代は抗日義士の象徴

モーナルダオ正面から

後ろから

映画の中の一人一人に思いをはせながら この地を歩くと ほんの数時間の滞在では満足できない気がします。

この後 廬山温泉へ 行きます
モーナルダオのお墓がある所

台湾その10終わり

11へ続く

台湾その9 霧社 前編

台中駅着きました。ここ新幹線の駅です。
在来線の台中駅がもひとつある事を台湾へ来る直前まで知りませんでした。

待ち合わせで失敗する所でした。

しかし、暑い!汗出る!

1日お世話になる運転手さん!
通称 毛毛(モウモウ)さんです。
日本語 大丈夫そうです^_^

これより 2時間かけて 山へ向かいます

高速降りた所
ファミマでトイレ休憩です。

ここからは くねくねのすごい道となります。
途中 峡谷とか写真を撮りたい所 ありましたが
停められそうな所が少なくて 道中は諦めました。

着きました。
どうやら雨もまだ大丈夫そう。
まずは腹ごしらえ。
運転手さんに相談したら「焼き鳥は好きか?」って「チキンなら何でもだいすき〜よ」って答えたら 連れてってくれた所がここ!

断崖に作られたレストラン
で、出てきたものが
こりだ!!

ひょえーーー!
確かに鶏 焼いとりますが
丸焼きじゃんΣ(゚д゚lll)

トサカもお指も付いとります。


手袋をはめて割いてたべます。
小皿の茶色いお粉をちょいと付けて…

あっらぁー
美味しい!

美味しいわぁ…



あれ?

あっ!この匂い
これだ 昨日からの匂いの正体

この茶色い粉

八角じゃん

大根の入ったスープ あっさりと美味しかった
ご飯は 炊きたてじゃなさそう キャベツの炒め物やら フルーツやら もうツーパオラーです。

眺めはよろしいが 断崖です。

たらふく食べたので さあ現地見学 歩きます。

台湾その9終わり

その10へ続く

台湾その8 台北駅

2日目、今日は 台湾高速鉄道(新幹線)で台中へ行きます。そこから チャータータクシーで高速道路を通って 標高1300メートルの所にある霧社へ向かいます。

映画 「セデック・バレ」http://www.u-picc.com/seediqbale/index.htmlの舞台となった所

映画を見たら 主人公モーナルダオ ゆかりの地を見たくなりました。

在来線の台中からバスも出てますが 日帰りするには 厳しい事がわかり タクシーをチャーターすることにしました。
この予約を日本でネットからしたのですが 会社の詳細もわからず 大丈夫か不安でしたが チャットで リアルにやり取りしてるうち だんだん不安も解消されつつ どーにかなるべ!と。

8時間 5000元 日本語対応運転手さん ブラス1500元

高いけど これ正解ね!

現地で ピンポイントで あちこち行けたもの。

さて、まずは 台北駅で 台中までのチケットを買わなければなりません。行き先、人数、発車時間を書いたメモを見せます。難なく 買えました!がしかし 指定席ではなさげ…

どうにか指定席が欲しいってことをわかって欲しいのですが 全く通じず(T_T)

お姉さんが喋ってることも 全然わからん!

でも なーんとなく わかってくる。
どうやら 指定席はもう取れない と、言ってるみたい。出発時間の遅いのにすれば取れそうだけど 2、3本のうちは 自由しか無いようです。

乗車時間は1時間位 待ち合わせの時間もあるので 自由席で行くことに。

その時、チケットを買えたことでホッとして メモ紙は取ったのに 肝心のチケットを取り忘れてるのです。

気付いたのは 改札入る直前!
あれ?無い!無い!
何で無い?

あちこち探して 無い(T_T)

落とした?

よーく思い出して カウンターへ置いてきたかも…と。

それから また窓口へ向かい お姉さんに説明するも 又もや言葉の壁、厚い壁が…

券、無い、先程、買、忘、…

それらしい漢字を並べて書いて みる

それ以前に お姉さんは 取りに来たとわかってて
取り敢えず確認するため アレヤコレヤ理解してもらえないであろう事で 私らを攻めたててた、
ような気がしたし…
必要な事だと思いますが 旅人を泣かせないで!
そもそも 忘れるのが悪いのですが!
はい!そうです。

この先が 不安になってきた私らです。

台北駅です。どーんと真ん中吹き抜け
ステキ!

ツリーの準備してました。
ドタバタしたから 落ち着いて写真も取れずです。

南下月台 行き先名みたいで 一瞬迷ったけど
ホームのことです。

新幹線乗り場はわかりやすい。
台北の前の駅がひとつだから 下りは 自由席でも 問題なく座れました。台北から台中まで 675元 (2300円位)指定席だと700元 大して変わらないね。

忘れられたチケットです。

やれやれ

台湾その8 終わり

その9へ続く

2016年12月 2日 (金曜日)

台湾 その7 謎のトウモロコシ

6からの続きです。

呼ばれた!

はず…?!こっち見てるもん!

間でバイクで配達もしてた これ、この とうもろこしさん (高級そうなので そう呼びましょう)
たぶん ここらでは 定番なのでしょうね 若いカップルも普通に買ってる。

ワクワク!ワクワク!

じゃーぁん(*゚▽゚*)

行くよ!

食べるよぉー!

ちょっと待て!
クンクン クンクン…
何の匂いだ?
これもさっきのフードコートとおんなじ臭いがする。胡麻の香りと何か甘い匂いと 混ざってる。

まぁ いいか 気にせず ガブリンチョ!

ん? もひとつ ガブリンチョ!

うんー! まぁ とうもろこしです。

胡麻の味しっかりしてます。

この茶色が何かがわからないけど 不味くは無いです。でも、次に買うことは無いでしょう。

だけど夕食で食べた牛肉麺よりも高いって とうもろこしさんは 高級食材なのでしょうか。

そんなこんなで 台湾1日目 終わり

コンビニでアサヒスーパードライ買って 部屋飲みします(*゚▽゚*)

台湾その7終わり

その8へ続く

台湾その6 士林市場

士林夜市へ
行天宮からタクシー使いました。
タクシーいいですね、直ぐに停まってくれるし 行き先を書いたメモを見せると ちゃんと理解してくれる。漢字のお国は 言葉は喋れなくても なんとなく伝わる^ ^

台湾で一番大きい夜市と ガイドブックにありましたが確かに雑貨屋、服屋、ゲームと 食べ物の露天だけではなく 商業ベースも多いので ひっくるめたら 確かに大きい!

ともあれ晩御飯、お腹すいた^_^

士林市場の地下「美食区」へ降りてみました。

人多い!
通路ギリに食材てんこ盛りでお店が並んでます。
だけど 何だ?この匂い!
ここに来て ずーっと鼻に付いてる この匂い!
台湾の匂い?

こんなのや

こんなのや 色々ありすぎて くるりと一回りしてみたけど決められない!と言うより 食べたいものが見つからない(・・;)

でも、ポヤポヤしてたら お兄さんに メニュウ表を渡され 何やらまくしたてられ 席に誘導され
迷っても仕方ないから 決めました。

牛肉麺

ルウロウファン ( 漢字の変換が出来ない)

ホタテ

空芯菜の炒め物

メニュウはいっぱいありますが 冒険できず 定番系でまとめる私(^_^;) なんだか お腹壊しそうな気がしてね。忘れちゃいけないのが台湾ビール!これは飲みやすい(^ν^)ちゃっかり!

でも、せっかくだから 夜市らしく フレッシュフルーツジュースにチャレンジ 「釈迦頭」です。
写真右側のブツブツしてるやつね。

ほんのり甘くて 生っぽい味でした。氷は入ってないね やっぱり。

腸詰めのソーセージやら臭豆腐やら 気になるものはあったのですが 勇気が出ませんでした。

で、お腹も満たされ ウロウロして地上に出たところ 何やら人だかり!覗いてみたら…

すっごく いい香り!今までと別世界がここにある!フワフワのそれをザックリと切り分け袋に入れて 次々と売れておりました。一口だけちょうだい!とおねだりしてみたくなりましたが 長蛇の列。買ったところで デカすぎてどうにもならないので 諦めましたわ。

でね、ウロウロしてましたら こんなの見つけました。ここも そこそこ並んでます。店先には と行っても通路ですが 椅子なんかも置いてあって
皆さん座って待ってます。

とうもろこし(*゚▽゚*)

でも、何やら塗りたぐっては焼き また塗っては焼き…を繰り返してる 何だ!あの茶色いものは…?

これだけ並んでるってことは そこそこ美味しいに違いない、買ってみよう!

おじさんに 人差し指で一本のポーズ

何やら 言ってるけど わけわからん!
そのうち「ナインティン フォー」って
結構高いじゃん!グラムで量り売りでした。

「11」って書いたの持たされたけど 「11番さーん」なんて言われても わかるはずないから
こっちを見るタイミングを外さないように じっと 見つめて 待つことに。アイコンタクトも大切です。

さて、どんなお味でしょう

続く

台湾 その5 Free Wi-Fi 申請

先走り 台湾での様子をアップしておりますが
少し戻ります。

今回、出発前にしておいたことは 台湾で無料で使えるFree Wi-Fi「i Taiwan」に事前登録申請したこと。

ネットから「i Taiwan」で検索すると 登録画面が出て来ます。

こんなやつ、ここの左「散客線上登記」をクリックすると

こんなの出ます。
上に入国日
真ん中 行き先
下は パスポートナンバー
で、その横「check」をクリック

したら次の画面が出て来て 誕生日とか 何日分(30.60.90.)にするとか メールアドレス、 到着の空港名を入力して 「送出」をクリックしたら 事前登録完了です。

返信が無いので心配しましたが 大丈夫でした。

後は空港に到着して 設定からWi-Fiを出して 「itaiwan」を見つけたらログイン ID (パスポートナンバー)パスワード(生年月日 8桁)を入力。「itaiwan」と「記住我」にチェック✔️をいれて「登入」をクリック。

入力に間違いがなければ 「無線上網認證成功!」ってのが出てくる。

その下の「開始上網」をクリックしたら完了(^○^)

文章にしたら 大変そうだけど スマホ使いなれてる人なら 問題なく設定できます。

これと 台北フリーってのがあって itaiwanを登録してたらこれも 繋がります。

一度繋げておくと 後はWi-Fi環境に来ると勝手に繋がります。空港では エアポートWi-Fiがあるので こちらを使う方が 確実でした。

台北では結構 繋がりましたが その分充電は減って行くので 夕方には 写真も撮れなくなるかも…と 心配もしました。

ログインのやり方がわからなかったり 事前登録もしてないよ! って方でも 大丈夫!



ここね「旅客服務中心」観光案内所みたいなところ ここでitaiwan Wi-Fiって言えば お姉さんが説明してくれながら 設定してくれます。
ただし日本語がわからない人にあたると イキナリ中国語の洗礼を受けることになります(^^;

ツアーとか団体で訪れた時は 時間も限られるので 事前登録はしておいた方がいいでしょう。

行きは 見事に羽の上(・・;)

機内食はチキンの方に
シーフードはパスタでした。

桃園空港 着陸直前 旋回中!

桃園空港
なんか 暗い感じがするのは私だけ?

2016年12月 1日 (木曜日)

台湾 その4 行天宮

行天宮です。
前回 ホテルから近かったので 朝に夜に来て お参りをした所。

この日は、その時の報告とお礼参りしました。

以前は中央にお供え物を置くスペースがありましたが すっかり無くなってました。お祈りのスペースになってます。夜だからか厳かな雰囲気で写真を撮るのを控えました。

お詣りの作法はわかりませんが(説明板はあります)なむなむなむ…自己流で(^^;

その後、ここに来たもう1つの目的、そう占い横町に行くため。

行天宮出た交差点の地下は東西が占い横町となってます。前回は 地下の入り口から それを感じることが出来なくて怖くて行けなかったのですが、今回はしっかりリサーチ済み(^。^)

地下にトコトコおりて行くと シャッターの閉まってるとこ多い(^^;
やはり時間が遅かったかなー と思っていると
占って欲しい人のうちの1人 発見!

開いててよかった〜(^。^)

昼間は並んで待つようですが 幸い私1人
あれやらこれやら 聞くことが出来て 気持ちもスッキリ、この先生のネット情報をスマホから見せると 人相占いもサービスとかで してくれました。料金 1000元(3500円くらい)
もちろん日本語堪能な方です。

記念写真も忘れない!

7時位だったかな 5、6件開いてました。
でも夜の地下は やはり気持ちの良いものでは無いです。人通りほぼ無し。写真も撮らず地上へ(^^;

さてさて、この後は夕食を兼ねて士林夜市へと向かいます。

台湾その4終わり

その5へ続く

2016年11月30日 (水曜日)

台湾 その3 小林豊講演会

午後2時から 図書館にあるホールで講演会ありました。中国語で絵本の読み語りをした後 1ページづつ 場所やそこに込められた思いなど 丁寧に話されてました。
私達、日本語わかりますから 違和感なく先生のお話が聴けます。
通訳さんを通すと どんな内容になって行くのか気になるところではあります。
もう何十回と聞いている先生のお話は 毎度やっぱり新鮮!で 日本だろうが台湾だろうが ぶれない。

取材の様子も 映像でまとめて 見せてくださいました。
何が面白いのか会場の皆さん時々爆笑してました、ちっ!わからんもんね( ̄^ ̄)

質問も途切れることなく手が上がってましたが、何を話してるのか わからなかった…(T-T)

悲しい

300人収容のこのホール、時々 携帯電の着信音が なってますが 慌てる風でも無いです。

あらかじめ電源をお切りになるかマナーモードに、ってアナウンスも無かったし。
いや、あったかもしれないけど 言葉がわからない…(´∀`)

人の着信音を聞いて 慌てて自分のを確認するのが日本人。こちら あんまり気にし無いようですね、あちこちでなってました。

飲み物も携帯用の容器で 飲んでました。




こちらは図書館のカウンター

これはトイレ入り口に設置されたペーパーです。必要な分だけ切り取り もって入ります。
通路じゃなくて せめて中に設置して欲しいなぁ
ゴツくて結構丈夫な紙です。

こりゃ確かに流せんね 詰まる。使ったペーパーは 流さずに 汚物入れに捨てますが なかなか慣れません。つい ポトンと落としてしまいそうになります。

立派な図書館です。

さて、講演会も終わり 小林先生は 絵本を買ってくださった方々にサインをするため 移動。

終わると高雄へ向かわれるのでここでさよならじゃね(T . T)

私らも次なる目的地へ向かいます

その3 終わり

4へ続く

2016年11月29日 (火曜日)

台湾 その2 新北市立図書館総館

初!海外出張!
と、言って見たかっただけです。

本当は観光ですが 現地合流のあの方がいらっしゃると思うと 仕事!と勘違いしてしまいそう。

あの方!そう この人。

テレビカメラに新聞社のカメラ、取材を受けてる あの方は 会社で 毎度お世話になっている 日本画家で絵本作家の小林豊先生です。

台湾の出版社から台湾の話を書いた絵本が出版されました。2012年から取材を重ね この度めでたく出版となったのです。

で、それを記念して先生は台湾で講演会 3箇所(台北、台中、高雄)、原画展、制作のプロセス展、小学校訪問など 一週間滞在されました。

いつか 一緒に台湾に行けたら…って話してて
今回、ちょうど金曜日の講演会に間に合いそうな事がわかり 思い切って 行くことになりました!

私達が新北市立図書館総館https://go-taiwan.jp/2016/07/sinbei-library/へ到着した時は ちょうど取材を受けている最中でした。

隣の綺麗なお姉さんは通訳さんです。

私達を見つけてくださり 「おー来たのかぁ!」ってハグで再開を喜び 日本の友人たちと紹介してくれました。まぁ 日本からの追っかけ!とも言いますが( ´∀`)

催し物は図書館、段取りは出版社って感じでした。こちらの図書館は24時間対応のようです。
入り口のセキュリティーもしっかりしてます。

原画を1つ1つ説明していました。

みなさん写真を撮りながら興味深そうに見入ってました。
よくよく考えれば この絵本は日本にはありません、なのでこちらで買って帰ろうと お願いしたら なんと、出版社さん太っ腹!プレゼントしてくれました=(^.^)= 台北より、とサインも入れてもらったもんね〜。嬉しい!

午後2時からは図書館にあるホール(300人収容)で講演です。

その前に 外で 一服

新北市立図書館 小林豊 原画展 とかで検索すると ニュースが出て来ました。

その3に続く

台湾 その1 出国

台湾行って来ました。

予想どおり 色々ハプニングやらサプライズやら
てんこ盛り!

思い出しながら 忘備録として アップして行きます。

乞うご期待〜

2016年10月29日 (土曜日)

芸術の秋

システィーナ礼拝堂の天井画を見て来ました。
徳島県で!
モナリザも見ました。
徳島県で!
ミレーの落ち穂拾いも、ゴッホのひまわりも!
どれも 徳島県で!

モネの日傘の女なんて絵から抜け出して 日傘さして歩いてたもんね。飴配りながら。
記念写真撮ったし(^。^)

何だか圧倒されちゃった

大塚国際美術館での話です。

2016年9月21日 (水曜日)

バスツアー

あっちもこっちもりんごだらけ!
当たり前!ここはりんご農園!

食べ放題なのですが
2人で1個が精一杯の私ら

だって 昼ご飯で昼ビー🍻してその後 柚子ソフトクリーム食べて 津和野の街ウロウロしながら
源氏巻きの試食をあちこちで…(^^;;

お腹いっぱい

りんごが木にぶら下がってるのが なんか不思議に感じる私です。見慣れないからかな?

ツアー

バスツアーで ここに来ました。

で、この人に会いました!

もしかして写り込んでるかも(^ω^)

これ見ると もう何処だかわかるよね!

2016年9月10日 (土曜日)

展望台まで

ここは棲眞寺
蓮の花はもう終わってます

参道から300メートル先にあるものは

展望台!

スロープの先まで行くと

もののけの森!
ではなくて

じゃーん!
フライトロードにあるスカイアーチが見える場所

アップにすると こんな感じ、霞んでますが…
来る時は あの橋の下を通って来たんだもんね、
三原市は本郷から河内を通って 白竜湖 過ぎて 棲眞寺(せいしんじ)

寺の境内には蓮池を見渡せるこんなのもあった。

蓮の花が咲いてるところは想像しましょうかね

寺番してる猫発見!

帰りは棲眞寺ICからフライトロード入ってスカイアーチ 渡って空港経由で帰りましたとさ!